Morita Lab blog

研究室のニュースやトピックスなどを紹介します

2020.2.20 今年の記念品は

毎年ラボを出て行く人たちに記念品をということでオリジナルグッズを準備しています。この研究室に在籍していたことを何かカタチとして残すことはできないかなあという思いです。まあ、勿論、論文というカタチを残すことがベストですが、それはそれとして、…

2020.2.13 打ち上げ兼送別会

卒研・修論発表会の打ち上げ兼送別会を行いました。卒研・修論発表会お疲れ様でした。それから、ずっと一緒に研究してきた仲間が去るのは本当に寂しく思います。 元事務補佐員の高橋さんのお店にみんな集まり賑やかな時間を過ごしました。いつものことながら…

2020.2.12 卒研・修士論文発表会

毎年お祭りのような賑わいと盛り上がりをみせる卒研・修士論文発表会も無事に終わりました。四年間あるいは六年間の集大成なわけですから、皆さんそれなりに思うところ感じるところはあったのではないでしょうか。今年は準備に関して、私が関与することはあ…

2020.2.5 後期の講義シリーズ終了。炊き出し。

勉強する学生でスタバが人で溢れる時期になりました。大学生はテスト期間、高校生は受験の季節を迎えております。家で勉強しろよと突っ込みたくなりますが、まあ、たぶん、他人との程よい距離がちょっとした緊張感をもたらし勉強に集中できる環境を生み出す…

2020.1.29 炊き出し

来週の月曜日の修士論文提出向けてみんな慌ただしい時間を過ごしています。ということでラボにて炊き出しを。第一弾は定番のカレー。米を1.5升炊いたのですがみんなでペロリと食べてしまいました。第二弾もいきます。

2020.1.24 コトリcafeにて

百石町のコトリcafeにて後藤さんの送別会を行いました。研究推進セミナーのあと姫野研栗田研のみなさんとワイワイと。料理も美味しかったです。

2020.1.17 古巣を訪問

BIKEN財団との共同研究打ち合わせのため、大阪大学微生物病研究所を訪れました。打ち合わせのあとは天満まで繰り出して懇親会。相変わらずの賑わいに懐かしさを禁じ得ません。考えてみたら2019年はあんなに出張が多かったにもかかわらず一度も関西を訪れてい…

2020.1.9 微粒子はどこからやってくるのか

CREST「細胞外微粒子」の領域会議に参加してきました。参加者は総勢180名、微粒子に関する活発な議論が交わされました。我々の研究に活かせるような多くの新しい成果を聞くことができました。いつものことながら大変勉強になりました。 かなり抽象的な問いか…

2020.1.7 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 と、めでたい気分でいきたいところですが、1月は修論と卒研が山場を迎え研究室ではみんな慌ただしい日々を過ごしています。そんな中、ささやかながら皆で瓜生くんの誕生日をお祝いしました。おめでとう!

2019.12.26 大掃除と納会

講義が終わり、本日研究室の大掃除を行いました。丁寧に掃除するのもなんやかんや言って年にこの1回ですからね。1年間の溜まっていた汚れやホコリをいっきに洗い流しました。これでスッキリ年を越せます。みなさん朝からお疲れ様でした。 溜まりに溜まった…

2019.12.25 新しい冷却遠心機

新しい冷却遠心分離機が2台新たに研究室に導入されました。クリスマスプレゼントみたいですよね。もらったわけではありませんが。 上段の2台が新しい遠心分離機、下段の2台が今まで使っていたもの。下段の古いですがまだまだ使えます。ベックマンの機器は耐…

2019.12.23 C型肝炎の話

山梨大学医学部の葛西先生に弘前大学にて講義をして頂きました。葛西先生は私の先輩に当たり、現在もC型肝炎ウイルスの研究で第一線でご活躍されている先生です。学部二年生を対象にした講義のひとコマをお願いしました。ウイルス学の基礎の部分から講義して…

2019.12.20 ラボパーカー

有志でラボのロゴ入りのパーカーを作りました。ユニクロ製。さりげなく胸にワンポイントというところが良いです。

2019.12.18 みんなで包んで食べる

みんなで餃子を作って食べました。焼き餃子に水餃子。合計400個。美味しかったです。

2019.11.30 メディカルサイエンスフォーラム

11月30日に弘前大学医学部が主催した「メディカルサイエンスフォーラム」にランチョンセミナーの講師として招待して頂きました。「細胞外小胞形成の分子機構」というタイトルで、ウイルス粒子の形成に関するこれまでの研究内容からエクソソーム形成に関する…

2019.11.29 豪華なレセプション

オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノにて医学系研究科の先生方と会食。翌日のメディカルサイエンスフォーラムの歓迎レセプションです。自家製のワインに自家製の食材を使った料理の数々堪能しました。 多くの医学系研究科の先生方とお話しし大変有意義な時…

2019.11.26 第三回オルガネラゾーン研究会

若手の会の翌日と翌々日は、東京大学にて開催された第3回オルガネラゾーン研究会に参加しました。こちらは若手の会とは異なり、領域内外のPIの先生方(140名の参加者と聞きました)による研究会です。こちらの研究会では私はシンポジウムの演者としての機会…

2019.11.25 新学術領域の若手の会を開催しました

新学術領域「オルガネラゾーン」では、毎年若手スタッフや大学院生を対象とした「若手の会」を開催しております。今回、森田ラボが若手の会のオーガナイザーを務めさせて頂きました。会場は領域代表の清水先生が所属する東京医科歯科大学の講堂を使用させて…

2019.11.18 お祝いして頂きました

ラボのメンバーにサプライズで誕生日のお祝いをして頂きました。最近は体力の衰えを感じることが多く、40代半ばとはこういうものかと実感しております。時が過ぎるのが早く感じます。

2019.11.15 帰国

中国から日本に帰国しました。本当は4日間のハズだったんですが(完全なるこちらのミスで)1日早い出発となり、結果的には5日間の旅になってしまいました。急遽、講義を休講にせざるをえなかったりとか、いろんな方に御迷惑をおかけしました。 今回ホストと…

2019.11.13 想像していたよりもすごい

今、中国の南京市に来ております。豚コレラウイルスの研究をされているBin Zhou博士からご招待を受け、本日、江蘇省農業科学院にて人畜共通感染症や家畜伝染病の検査防疫に携わっている多くの研究者の前で1時間程度の講演をしてきました。皆さんとても熱心に…

2019.11.6 共焦点レーザー顕微鏡を使いこなす

筑波の産業技術総合研究所の加藤薫先生を弘前大学にご招待し講演して頂きました。様々な方の取り計らいにより共通機器センターの共焦点レーザー顕微鏡セミナーの枠組みでお招きすることができました。感謝いたします。講演は、顕微鏡の基礎的な話から超解像…

2019.10.29 ウイルス学会

日曜日に静岡から弘前に戻り、その翌々日には再び東京へ。ウイルス学会に出席するためです。我々の研究室からは大学院生の木村さんがパルボウイルスの発表しました。木村さんの発表、予想していたよりも評判よかったような気がします。ユニークさが際立って…

2019.10.24 缶詰状態で集中できる環境

静岡県で開催されたオートファジー研究会に参加してきました。この研究会には毎年参加していますが、毎回とても充実した時間を過ごさせて頂いております。今年度は新学術領域「マルチモードオートファジー」が採択されこの研究会も活気に満ちていました。会…

2019.10.7 りんごの季節がやってきました

肌寒い季節となり、木々の果実も赤く色づく季節となってきました。ここ弘前市ではリンゴの収穫時期の到来です。早速、農学生命科学部の付属の藤崎農場から「あかね」という品種のりんごを購入(10個300円)。この「あかね」は酸味が強く煮崩れしにくい品種な…

2019.9.28 やっぱりアメリカ

海外研修入門、アメリカからの帰国便が突然欠航となり、1日足止めを食らっています。天候不良のためだとか。こっちは全然雨なんか降っていないんですけどね。相変わらずアメリカの空港会社は緩くそしてマイペースな感じです。それにしてもアメリカでは飛行機…

2019.9.27 海外研修入門

農学生命科学部のプログラムのひとつ、海外研修入門ということでアメリカのワシントンD.C.に来ています。2年生の学生6人を引き連れて、アメリカの文化を体験するというもの。私は同じ学科の先生と共にその引率です。自分にとって久しぶりのアメリカ訪問。そ…

2019.9.18 学会は生の情報を得る貴重な機会

9.18から3日間、パシフィコ横浜で開催されていた日本生化学会大会に参加してきました。今年の研究室からの参会者は、荒川、石田、瓜生、木村、前田の5名です。自分の研究成果を大勢の前で発表するということにも意義はあるのですが、近い分野で研究している…

2019.9.5 博士課程について

今週、岩手大学連合大学院の入試委員会と教授会に出席するために盛岡に行っていました。本研究室からも修士課程の学生が博士課程に進学する予定です。 直接は関係ありませんがそれに関連して少し書きます。9月6日付けの新聞に日本の博士課程進学率の低さに関…

2019.9.2 研究テーマ選び

8月中休みだった研究室のミーティングが9月から再開されました。同時に新3年生のメンバーも合流しました。新人のために、現行メンバーによる研究内容紹介も行いました。そして、その日の午後には、新3年生の研究テーマの話し合いを。今年は彼らの要望に応…